国際馬事学校の学校ブログ | 国際馬事学校
2017.12.25 月曜日

冬季合宿☆体トレ編

 

 

冬季合宿パート3です☆

 

 

 

IMGP8686

 

 

 

一年生T君に相撲を挑むも……

 

 

 

IMGP8689

 

 

 

あっさりと負けてしまう馬事ジュニアのK君なのでした。

 

 

 

IMGP8696

 

 

 

さて、まずはみんなで準備運動をします。

 

 

 

IMGP8712

 

 

 

むむ、

 

 

 

IMGP8714

 

 

 

今回はみんな体が硬いように見えますね。

 

 

 

IMGP8710

 

 

 

あまりにも体が硬いと

 

 

 

IMGP8717

 

 

 

数人がかりでストレッチをすることになります(笑)

 

 

 

IMGP8715

 

 

 

合宿生のKさん、すごく体が柔らかいです!

 

部活を引退してかなり期間が空いているとの事でしたが

 

とてもそんな風には見えません。

 

 

 

IMGP8722

 

 

 

馬に乗るにあたって柔軟性はとても大事になってくるので

 

ぜひその柔らかさをキープしていてほしいですね!

 

 

 

IMGP8724

 

 

 

準備運動が済んだらまずは足上げ腹筋です。

 

こうやって足をまっすぐに伸ばして

 

踵とつま先もぴったりついているのが理想です。

 

 

 

IMGP8728

 

 

 

回数を重ねるごとに基本姿勢が崩れてくるので

 

みんな頑張ってくださーい(*^-^*)

 

 

 

 IMGP8748

 

 

 

お次は背筋です。

 

こちらはみんな得意なのか、さほど苦労する人もおらず

 

さくさくとこなせていました。

 

 

 

IMGP8749

 

 

 

と、思ったらN君!体がぜんぜん持ち上がりません(;・∀・)

 

 

 

IMGP8745

 

 

 

Kさんにイタズラされる最年長Fさんです(笑)

 

 

 

IMGP8770

 

 

 

お次は懸垂です。

 

女子は一番上まで持ち上がらない子もいるので、

 

そんな子は一分間ぶら下がったままの状態をキープしてもらいます。

 

 

 

IMGP8773

 

 

これができるようになったら、次はちょっと肘を曲げて一分。

 

これを繰り返していくと女子でも懸垂ができるようになります。

 

 

 

IMGP8798

 

 

男子は「懸垂なんて余裕余裕~」と言わんばかりに

 

すました顔をして回数をこなしていきます。

 

 

 

IMGP8805

 

 

 

~ちょっと休憩タイム♪~

 

 

 

IMGP8814

 

 

 

 後半はスクワットからです。

 

このスクワット、太ももなどの筋肉だけでなく

 

ふくらはぎ後ろの柔軟性も大事になってきます。

 

体が硬い人はしゃがめずに

 

 

 

IMGP8813

 

 

 

後ろに倒れてしまったり

 

 

 

IMGP8816

 

 

 

しゃがみきれずに止まってしまいます。

 

 

 

IMGP8824

 

 

 

そんな硬い部分をほぐすため、お次は前屈です。

 

 

 

IMGP8826

 

 

 

人それぞれ硬い部分は違うので

 

毎日の柔軟体操でちょっとずつ体を柔らかくしていきましょうね。

 

 

 

IMGP8836

 

 

 

今日の〆はみんな大好き、リズムスクワットです☆

 

まずみんなで輪になり、

 

右足、左足を振り上げ、しゃがんで立つ。

 

これで一回です。

 

 

 

IMGP8843

 

 

 

人数×10回なのでかなりの回数をこなさなければいけません。

 

見た目以上にハードな運動なので

 

 

 

IMGP8844

 

 

 

終わったあとは死屍累々です(笑)

 

 

 

IMGP8837

 

 

 

みんな座り込むなか合宿生Kさん、笑顔で立っています!

 

 

 

IMGP8838

 

 

 

女子ーズで仲良くパチリ☆

 

 

 

 

この後はクリスマス会が待っているので

 

もうひと頑張りしてくださいね~!

 

 

カテゴリー:

コメント投稿

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。